妊活は、日々の生活を丁寧にすること

30代になってから妊娠を考える人が増えています。
私もそうでした。当時仕事で忙しくしていて、生理不順があっても大して気にせず。
でも、実際に妊娠したいと思ったとき、なかなか子供を授かることができませんでした。

婚活

元々基礎体温もバラバラ、生理も不順気味とあって、さっそく不妊治療をメインにしている婦人科へ行きました。

妊娠準備NAVI
その病院の先生はいきなり高度な治療を薦めるようなことはしない先生で、まずは日々の生活を丁寧にすることを言われたんです。

日々の暮らしを丁寧に、というのは食生活や適度な運動、良い睡眠の事。

当時の私は、出張がちな夫が居ないときは適当な食生活。
慢性的な運動不足。
短い睡眠時間、という感じの生活でした。

まずは自分の体の基本を整える。それと並行して必要な検査をして行きましょう、ということでした。

色々教わった中で、実践したことは、
「まごわやさしい」と食生活で取り入れること。
ま、は豆類。ご、はゴマ。わ、はわかめなど海藻類。や、は野菜。さ、は魚。し、はシイタケなどキノコ類、い、はイモ類。
この全てを朝昼晩の3食で食べるようにしました。
最初は大変でしたが、慣れてくると常備菜などを作っておくことで実践できるようになりました。

次に適度に体を動かすこと。
これは、犬を飼い始めたことと重なって、犬の散歩に毎日1時間ほど行くようになったことで可能となりました。

そして質の良い睡眠。
病院のアロマテラピーの専門家に教わったアロマを炊き、毎日11時には寝るという習慣をつけました。

それまでの生活がひどいものでしたので、最初の1か月はいろいろと大変でしたが、
慣れてしまえばきちんとした生活の方が気持ちが良いものなのですね。

数か月すると、体重が少し減り疲れにくくなり、生理不順が良くなってきたことに気づきました。
そして、夫の精子の運動率が良くないことなども判明しましたので、初めての人工授精。

そこで運よく妊娠することができました。

やはり一番大事なのは自分の体のリズム、体調なのですね。
その時に教わった食生活や運動、質の良い睡眠は、あれから数年たった今でも家族で実践しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です