妊活は、日々の生活を丁寧にすること

30代になってから妊娠を考える人が増えています。
私もそうでした。当時仕事で忙しくしていて、生理不順があっても大して気にせず。
でも、実際に妊娠したいと思ったとき、なかなか子供を授かることができませんでした。

元々基礎体温もバラバラ、生理も不順気味とあって、さっそく不妊治療をメインにしている婦人科へ行きました。

妊娠準備NAVI
その病院の先生はいきなり高度な治療を薦めるようなことはしない先生で、まずは日々の生活を丁寧にすることを言われたんです。

日々の暮らしを丁寧に、というのは食生活や適度な運動、良い睡眠の事。

当時の私は、出張がちな夫が居ないときは適当な食生活。
慢性的な運動不足。
短い睡眠時間、という感じの生活でした。

まずは自分の体の基本を整える。それと並行して必要な検査をして行きましょう、ということでした。

色々教わった中で、実践したことは、
「まごわやさしい」と食生活で取り入れること。
ま、は豆類。ご、はゴマ。わ、はわかめなど海藻類。や、は野菜。さ、は魚。し、はシイタケなどキノコ類、い、はイモ類。
この全てを朝昼晩の3食で食べるようにしました。
最初は大変でしたが、慣れてくると常備菜などを作っておくことで実践できるようになりました。

次に適度に体を動かすこと。
これは、犬を飼い始めたことと重なって、犬の散歩に毎日1時間ほど行くようになったことで可能となりました。

そして質の良い睡眠。
病院のアロマテラピーの専門家に教わったアロマを炊き、毎日11時には寝るという習慣をつけました。

それまでの生活がひどいものでしたので、最初の1か月はいろいろと大変でしたが、
慣れてしまえばきちんとした生活の方が気持ちが良いものなのですね。

数か月すると、体重が少し減り疲れにくくなり、生理不順が良くなってきたことに気づきました。
そして、夫の精子の運動率が良くないことなども判明しましたので、初めての人工授精。

そこで運よく妊娠することができました。

やはり一番大事なのは自分の体のリズム、体調なのですね。
その時に教わった食生活や運動、質の良い睡眠は、あれから数年たった今でも家族で実践しています。

私の妊娠体験記

30手前の28で、彼との間に子供を授かりました。私は長く付き合っていたので、責任をとってくれるものだと思っていました。が、彼の返事はNOでした。 産むなら1人で育てろ。誰にも迷惑かけるな。親にもかけるな。でした。最終的には、おろすことになりました。その後も彼との付き合いは続いていました。何 度も別れる喧嘩などもしてはいたのですが、別れてくれませんでした。結婚も、人生も諦めていたある日、新しく若い彼は言いました。そんなひどいやつとは別 れろ!俺が大好きな人になんてことをするんだ!と。彼のために彼と本気で別れるために、行動を起こし、情があっても冷たくし、やっと別れる事が出来まし た。新しい彼は、とても優しく大事に大事にしてくれました。それまでの扱いとは間逆でした。心が安らかになった気がします。別れた彼とは避妊はあまりせ ず、いつできても不思議はなかったのですが、10年で1度だけの出来事でした。
新しい彼は避妊をしてくれる人でした。私がどんなに出来にくくて も、無責任なことは出来ないから。と、避妊をしてくれていました。そして、後ろ向きな私のどーせもう子供は授からない…だから、体に悪いタバコも吸ってや る。結婚もしないよ。私の元には赤ちゃんはもう来ない…と言う発言を叱ってくれました。
そんな事ないよ!大丈夫。
今からでも、治療とか、やればいーじゃん。卵子の質が悪くなるったって、出来てる人もいるんだから、諦めちゃダメだと。
そ の言葉を胸に病院で血液検査から。まずは、エストロゲンの分泌が少ないので、生理も不順なんだろうと、いうことになりピル治療となりました。ピルを飲んで る間も、避妊は続けてくれました。調べてみたところ、精子を異物認識することもあるらしく、ピルを飲んでいるからと言って、中に…は良くない!と言ってく れ、ピル治療が終わり数ヶ月。そこそこ順調に生理も来てる頃。彼と毎日楽しく過ごしているので、彼の子供が欲しいと思い、再び病院へ相談しに行きました。 たまたま行った日は排卵日近くと予想され、◯日、◯日、◯日は性交渉した方がいい。と教えてもらいました。その頃には、結婚も視野に入れてくれていたのか 彼は避妊をしていなかったのと、ちょうど指定日が連休などと重なり性交渉のミッションクリアしました。

本に書いてあったものを実践していました。
葉酸を飲む。
射精後はお尻をあげて、しばらく動かない。
基礎体温計をつける。

コッソリそれまでも検査薬などを使用し、妊娠を心待ちにしてはいたものの、叶わなかったので、そんなにうまくはいかないとな思っていたのですが、その月の終わり。予定日に来ない。
体温計は、下がらず、なんと2度目の待望の子供を運が良く授かりました。それまで体温から、ここらへんでどーだろ?とか勝手に考え実践してみたりもしましたが、成功はしてません。
ただ、心の持ちようなのかもしれない。と思うようになりました。
なぜなら、心が穏やかであり、幸せだったから。あまり出来ないと悩まない方がいいのかもれません。
どんなに回数を重ねても、精子を貯めても。逆に貯めるのは良くないみたいですが。ダメでした。毎回、妊娠してなくて気持ちが下がっていたのですが、あまり考えなきようにしてみり…

無事に可愛い男の子を出産しました。諦めないで、楽しく焦らずにいると自然と…という事があるようですり

どん底の先に見えた明るい兆し

私は、32歳で結婚しました。主人は36歳でした。結婚して1年は、すぐに子どもはできるだろう、とお互いに考えていました。妊娠しやすい時期やタイミン グ、妊娠しやすに食事などを試したり、30歳を超えてからの妊娠出産に関する書籍も熟読し、妊娠に備えた心構えや環境づくりなどを実践していました。とこ ろが、1年たっても、全く妊娠の兆しすら感じない。ましてや、毎月の生理さえ疎ましく思えてきました。
ある日、私と同時期に結婚をした年齢が一つ上の友達から、不妊治療をしているという話を聞きました。病院のこと、治療の内容、治療にかかる費用、助成制 度など、細部に渡り情報を得て、早速主人に相談しました。糖尿病を患っている主人は、不妊の原因は自分ではないのか、とい疑念がずっと心にひっかかってい て、言い出せずにいたとのことでした。不妊治療をするにあたり、私は仕事を辞め、できるかぎりのことをしようと決意しました。
まずは、病院を調べること。自分に合った病院を探すことが、いかに難しいかを痛感した時期でした。友達が通院している病院が、自分に合っているかどうか は分からないので、ネットで不妊治療をしている病院を調べました。1件目の病院は、不妊治療がはじめてということもあり、緊張してうまく自分に気持ちを伝 えることができず、また、主人は仕事の都合上、一緒に通院できないので、私一人で通院しなければいけないというプレッシャーなどもあり、この病院は断念し ました。
再度、病院をさがしたところ、幸いにも、自宅から近い病院が見つかり、半年近く通院しました。その頃には、緊張感やプレッシャーという気持ちはなく、子 どもに会いたいという強い気持ちを持ち、臨んでいました。3回の人工授精を試しましたが、うまくいかず、担当医から、次のステップへ進むために、また、私 に合うような別の病院を紹介していただき、転院することにしました。
紹介された病院は、高度な医療機器を備え、評判がいいのか、私よりも遠方から泊りがけで治療に励んでいらっしゃる方もいました。また、先生は男性でした が、女性の気持ちを代弁するかのように、察してくださり、優しく対応をしていただきました。主人の病気のことを話すと、私には何ら異常がないから、主人の 生殖機能を調べてもらった方が得策とのことで、主人用に病院を紹介していただきました。検査の結果、やはり、糖尿からくる生殖機能の衰えと、精子の数が少 ないことが分かりました。ただし、妊娠できない程の状態ではないが、あと2~3年のうちに妊娠できないと、精子の状態がさらに悪くなり、妊娠が難しくなる だろうと言われました。
検査の結果を私の主治医に話し、体外受精を試みることになりました。実は、主治医が2件目に通院していた病院の先生のことをご存じということで、本来な ら、排卵誘発剤の注射を、主治医の先生の元で行った方がよいとのことでしたが、2件目の自宅近くの病院でしていただくことができるよう、取り計らっていた だきました。排卵誘発剤は、決まった時間に注射をしなくてはならない、ということでしたので、私の場合、治療を施す時間を鑑みて、21時に注射をしなくて はならなかったのです。
数日後、採卵をする時がきました。20個近くの卵子から、状態がよいものをいくつか取り出し、後日、主人の精子と受精させ、状態がいいものを子宮に戻し てもらいました。1度目はうまくいかず、2度目は心臓ができたところまでま頑張ってくれましたが、残念ながら天に召されてしまいました。受精卵のことを考 えると、これが最後となり、また採取からやり直しとなると言われました。その際、状態がいい受精卵で双子か三つ子の可能性があるものがあると言われまし た。
しばらくして診察を受けたところ、うまく着床し、順調に育っているとのことでした。そして、双子か三つ子の可能性があると言われていたことが現実とな り、双子を授かっていたのです。妊娠したことも嬉しいのに、双子を授かるなんて・・・。驚きと出産・育児への覚悟をきめました。
今は、6歳になり、元気いっぱいの男の子に育ってくれています。

もしかして私は産後不妊になってしまったのか…

私は、もともと子供が出来やすい体質だったのか、日にちが良かったのか、旦那との相性がよほど良かったのか、、、変な話し一人目はたったの一回で出来ました。

そして、無事一人目を出産しましたが、難産だった為か、大きく産まれたからか分かりませんが、私は産後膀胱下垂となりました。
産婦人科の先生いわく、この症状は心配する程ではない。と言われました。

そして、産後から1年半程過ぎた頃、育児にも余裕がでてきたので、そろそろ2人目を…とトライしました。

一人目の子がイッパツだったのもありその感覚ですぐ出来るつもりでしたが、それ程簡単ではありませんでした。

その時は、まぁ一回目がきっと奇跡みたいなもので、これが普通なのかもね。と旦那と話していました。
それから、タイミングを狙って何度もトライしました。

その度に、よし!今度こそは!生理予定日から1日遅れた。よし!2日目遅れた、3日目、4日目…と生理が遅れる度に喜び期待しました。
しかし、必ず生理になりました。
元々周期は安定しているのですが、一度二週間近く遅れた事があり、今回こそは!と期待しましたが、それもダメでした。

周りのママ友に話しを聞くと、産後不妊はよくある事のようで、2人目以降になかなか出来ないのはめずらしくない。と言われました。
一人目出来てるんだから、あんまり気にしなくて大丈夫だよ。とも言われました。

しかし、私の気持ちは正直不安と焦りでいっぱいです。
膀胱下垂が影響しているのかは分かりませんが、自分の身体はやはり変化したと感じます。
早く自分の子供に兄弟をつくってあげたいし…。

そのため、最近では遅くても10時までには寝るようにしています。
さらに、葉酸と鉄分のサプリを飲んでいます。
どうか、また妊娠出来ますように。

何もしないという選択だってあるし、必要。

現在29歳で、26歳のときに結婚しました。子どもは自然にできるものだと思っていましたが、なかなか授からず、1年間今でいう妊活、子づくりで子どもをもうけました。
子どもができない当初は、妊娠関連の雑誌やネットを読みあさって、私か夫に問題があり子供ができないのではないかと不安になり、
一刻も早く病院で検査した方がいいのではないかとあせっていました。
一方の夫は、おおらかにかまえた人で、とりあえず2年は待とうと諭されました。その時言われた言葉は今でも胸に残っています。
「子供ができないのにはできない理由がある。それはもしかすると受け入れたくない理由かもしれないが、今はそのタイミングではないんだっていうことかもしれない。子供ができたら二人の時間も減ってしまうし、せっかくなら楽しもうよ。今しかできないことをしよう。」と。
それから1年間、私は仕事をして、休みの日には夫婦で旅行したり、共通の趣味を楽しんだり、セックスも排卵日は気にせずにしていました。
そして今は二歳になる息子がいます。
すべて結果論にはなってしまいますが、あのとき焦らず自暴自棄にならなくて良かったと思います。
私は食生活ですとか、性生活は変えず、自然の流れに任せたというのが個人の答え(子供ができた)です。
もし同じように子どもができないことに悩んでいる人がいれば、何かしなくてはいけないのではないかと焦る気持ちも分かりますが、誰のせいでもなく、ただ時間が解決してくれる場合もあることを知ってほしいなと思います。

繊細な主人と妊活をするにあたって

妊活をするにあたって私には悩みがありました。主人は子供が欲しいと言いながらもあまり子づくりに積極的なタイプではなかったのです。何度赤ちゃんをコウ ノトリさんが運んできてくれたらいいのにと思ったことでしょうか。しかも、ハッキリそのことを伝えたりしたら自信喪失というかマイナスに考えてしまうタイ プなので妊娠するために…と、ざっくばらんに話し合えたら良かったのですがそんなことをしたら今より状況が悪くなってしまうような気がして何度か試みよう と思ったこともありましたがぐっとこらえて、対策として数少ない仲良しの機会でどうしたら子供を授かることができるのかを考えました。私自身は体を冷やさ ないようにしたり、適度に運動をしたり、食生活を改善したりと身近なことかつ、簡単にできるものを行うようにしました。そして排卵チェッカーを購入し、排 卵日を知り、その辺りで仲良くできるように甘えてみたりくっついてみたりしてその流れになるように努めました。こうやって綴ってみると私だけ頑張って、主 人にももっと頑張ってもらえばよかったと思うのですが行為自体が子づくりのためだけのものになってしまったり、繊細なタイプなので仕方がなかったのかなと 思います。結局半年間の努力が実り妊娠に至ることができました。

不妊治療に対する考え方

私は現在、不妊治療を受けています。
約1年前からタイミング療法と排卵誘発剤を使用していますが、まだ妊娠には至っていません。
不妊治療を始めてから、不妊に良いとされることを沢山試してきました。
サプリメントやヨガ、ホワイトストーン、腹巻、和食中心で添加物を極力減らした食生活など。
これらを始めると数ヶ月で体質が変わる!とネットや本に書かれていましたが、いまだに効果がありません。
一時期、思いつめてしまって、妊娠・出産した友人の幸せを素直に喜べない自分がいました。
しかし、よく考えてみると、一昔前は現在のように高度な不妊治療やサプリメントを摂取して
子供が欲しいと切望していた人は、本当に少なかったようです。それでも、子沢山の人が多かったのです。
では、その頃と現在との違いは何か?
それは、やはり豊かになり過ぎた生活だと気づきました。
不妊治療のためにこれを飲む、あれをしてみる、というものではなく、
無駄を除いたシンプルな生活が、不妊には一番よいのではないかと思い直しました。
規則正しく生活し、きちんと食事を摂る。適度に運動し、たっぷり睡眠。
そして、無駄な情報に踊らされることなく、自分の信念を持つこと。
今後は、それらを心がけて、ストレスフリーな生活に変えていきたいと思います。